yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『マイアミ・バイス』〜 敢えて言おう、(あの)「マイアミ・バイス」ではないと!

(Miami Vice 2006年 アメリカ)
マイアミ・バイス (字幕版)



80年代に大ヒットしたTVドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』の映画化作品。
監督は『ヒート』『コラテラル』など、男臭い作品を得意とするマイケル・マン。
彼はTVシリーズでも脚本や製作総指揮を担当していたということなので、期待は高まります。
という事でいざ観始めると・・・。


あれっ!?なんか違う!


TVシリーズも、そんなに熱心に観てたわけでわないんですが、もっと明るくポップな感じだった気が・・・。
流行りのアーティストの歌もかかって、MTVっぽい雰囲気だった気が・・・。
フェラーリもちょっとしか出てこないし、全編を通じてマイアミっぽさがあまりない。


詐欺じゃないかーーーっ!


と思いながら観ていると、重厚でクール、なかなか面白い刑事モノでした。
流石はマイケル・マン監督と言ったところでしょうか。


主人公は、TVシリーズと同じソニーとリコの刑事コンビ。
二人は、FBIの依頼で麻薬組織に潜入する事に・・・。


なので、「マイアミ・バイス」というタイトルは忘れて「刑事コンビの潜入捜査モノ」として観ていただければ充分楽しめる映画でした。
主演の二人、ソニー役のコリン・ファレルとリコ役のジェイミー・フォックスも結構ハマってるし、ソニーが恋仲になる組織の女を演じるのがコン・リーというところが(コロンビアの組織なのに)意外と良かったと思います。
二人の仲が怪しくなり出すあたりから、映画も盛り上がり出すんだよねぇ。(私が「マイアミ・バイス」でないことに納得し始めただけという話も・・・。)
終わり方も So Cool !


結果、面白い映画ではあったのですが、鑑賞後に「なおさら、あの『マイアミ・バイス』の新作が観たい」と思ってしまうのでした。
誰か作ってくれないかなぁ。
いっそ舞台も80年代で。当時のヒット曲もバリバリ使って。
改めて、80年代好きの自分に気づかされる一本でした。


という訳で、当時の『マイアミ・バイス』を知らない人、あの『マイアミ・バイス』ではないことに納得して観れる人にはオススメの、映画版『マイアミ・ばいす』でした。


マイアミ・バイス [Blu-ray]

マイアミ・バイス [Blu-ray]