yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『キスキス,バンバン』〜 イケイケ、ドンドン!

(Kiss Kiss Bang Bang 2005年 アメリカ)
キスキス,バンバン ?L.A.的殺人事件 (字幕版)



主人公のハリーは泥棒に失敗し、偶然逃げ込んだ先の映画のオーデションに合格してしまい、探偵役の役作りのため、ハリウッド・セレブ御用達の探偵”ゲイ”・ペリーと行動を共にする事になる。
そこに、ハリーの幼馴染で売れない女優のハーモニーも加わり、三人は奇妙な事件に巻き込まれていく。


本作の脚本・監督は、『リーサル・ウェポン』(脚本)『ナイスガイズ!』(脚本・監督)など、バディ・ムービーを得意とするシェーン・ブラック。
『リーサル・ウェポン』で得た名声を、『ロング・キス・グッドナイト』の失敗で完全に失っていた彼が、薬物問題で逮捕を繰り返しハリウッドから干されていたロバート・ダウニー・Jrを主演に迎え、二人の復活のキッカケになったとも言える一本。


わたし、この映画の「ノリ」大好きです。
オープニングからロバート・ダウニー・Jr演じるハリーのナレーションによる状況説明が続くのだが、ハリーが映画の登場人物として喋っていて、映画のフィルムを巻き戻したりする演出とか、話が前後しちゃうハリーの下手な説明で彼の不器用さが伝わってくる。
安物ロボコップみたいなヤツのどうでもいいエピソードとか、ロボットじゃなくても良くない?って思うかもしれませんが、実はわたしも思いました(笑)。でも好き。

最初の死体が発見されてからのオフビートな軽い感じの展開とか、ハリーとハーレムがイイ感じになるの?と思った次の瞬間カットが変わって喧嘩してたりとか、ハリーの◯◯が軽〜く✖️✖️しちゃったりとか、ハリーが△△して◯◯だった思ったら✖️✖️だったりとか(伏字だらけで申し訳ないですが)、観てる側の期待とか想像を外してくる所も気持ちイイ。

今や「アイアンマン」としてヒーロー達を束ねる立場になったロバート・ダウニー・Jrの、ちょっと頼りない姿が楽しめます。。


『リーサル・ウェポン』も『ナイスガイズ!』も大好きなんで、いつか機会があったら語りたいと思います。


キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 [DVD]

キスキス バンバン -L.A.的殺人事件 [DVD]