yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『ハッピーフライト』〜 頑張る裏方さん達の群像コメディ

(2008年 日本)
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]



『ダンスウィズミー』公開直前ということで、矢口史靖監督の過去作を振り返り。
同じく矢口監督の『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』については、こちら↓をご覧下さい。
www.kashi-yan.com


この作品は群像劇です。登場人物がたくさんいます。
なので、あらすじを詳しく書くと、あらすじとは思えないぐらい長くなってしまいます。
簡単に言うと「旅客機が飛び立つが、機体に異常が見付かり、空港に戻り緊急着陸する話」です。
その間に、乗客、乗務員、グランドスタッフ、コントロールセンター、整備員たちが直面する様々なトラブルを乗り切っていく様子を、面白おかしく描いた映画です。


わたしは群像劇が大好きです。
人間は一人で生きているわけじゃない。会ったことのない誰かと誰かも、誰かを介して実は繋がっているんだよってところが特に好き。
どんどん横へ横へと広がった話が、最後に集約する気持ち良さも好き。

今作は旅客機の話なので、大勢の人達が関わるのは当たり前のことだが、飛行機一機飛ばすたけでも大変なんだなぁ、ということを再認識させられる。コメディでドタバタとやられると、余計に大変な感じに見える。何故か。

わたしが、この映画で「面白い」「上手い」と思ったのは、乗客、乗員、空港スタッフ以外に登場する一般の人が絶妙に関わってくるところ。
バード・ストライクを避ける為に威嚇射撃をしてるベンガルさんを邪魔してトラブルの原因を作ってしまう愛鳥連盟の人達、偶然バード・ストライクの瞬間を撮影してしまう飛行機オタク、その写真をアップしたブログを発見する別の飛行機オタクたち。
最初はあまりストーリーに関係ない感じで登場する。これがさっき言った、話が横に広がってく感じ。
で、みんな物語に関わり始め最後にひとつにまとまるのが、この上ない快感です。


メインの航空機トラブル・ストーリー以外にも、飛行機内で起こる乗客とのトラブルと新人CAさん奮闘記も面白い。
新人CAさんを演じるが綾瀬はるかさんなので、本当はこっちがメインかな?
華やかに見えるCAさんの仕事も、裏では色々大変なんだなぁ、と思わされました。
本作は彼女の成長物語でもあります。
田辺誠一さん扮する機長候補生の成長物語でもあります。
グランドスタッフでは田畑智子さんもメイン級の活躍。
こうやって、色んな登場人物に感情移入しながら観られるのも群像劇の面白いところ。


登場人物が多い割には話は複雑になりすぎないし、難しい事考えないで楽しめる1本。
夏の暑さを、笑って吹き飛ばしましょう!

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]