yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『百円の恋』〜 安藤サクラの女優魂!

(2014年 日本 R-15)
百円の恋


朝ドラ『まんぷく』と映画『万引き家族』で、今や日本を代表する女優となった安藤サクラが日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞ほか、キネマ旬報ベスト・テン、ブルーリボン賞など数々の女優賞を獲得した作品。


一子(いちこ)は32歳にもなって実家で引きこもり生活。ある日、息子を連れて出戻ってきた妹と喧嘩した勢いで、家を出て一人暮らしを始める。
始めた仕事は、行きつけの百円ショップの店員。店の常連でバナナばかり買いに来る、通称「バナナマン」が店に忘れたバナナをボクシング・ジムまで届けた時バナナマンにデートに誘われ、ボクシングにも興味を持ち始める。


とにかく安藤サクラのシャドー・ボクシングがメッチャかっこいい!
本物のボクサーみたい。どのぐらいトレーニングすれば、こんなに出来るようになるのだろう。
体型の変化もすごい。ニート時代とボクシングを始めてからの体型が比較できる、全く同じ構図で妹の息子とTVゲームをやってるバックショットがあるんだけど、最初はだらしなかったお腹周りが見事に絞られているのが見て取れます。
これを10日間でやってのけたらしいんだけど、安藤サクラすごくない?

でも、どんなにボクサー体型になってシャドーが上手くなっても、試合では思うように体が動かないってところがリアルでいいんだよねぇ。
観ているこっちも拳に力が入ってしまいます。


本作には、癖のある登場人物も続々。根岸季衣さん演じる、毎日廃棄弁当を貰いに来る100円ショップの元店員とか、新井浩文さん扮する、バナナだけ大量に買って、お金払ってバナナはレジに忘れていくバナナマン。やっぱ、新井さんって役者としてはいい味出してるよなぁ、と思いました。
あと、ちょっとだけだけど吉村界人くんが出てました。『お前はまだグンマをしらない』『ビジランテ』あたりから、何故だかチョット気になる存在です。


『ロッキー』、『レイジング・ブル』は言うに及ばず、名作『チャンプ』、以前紹介した『ザ・ファイター』、邦画でも北野武監督『キッズ・リターン』、菅田将暉、ヤン・イクチュンW主演の『あゝ、荒野』等々数え上げればキリがない、ボクシング映画にハズレなし!!

百円の恋

百円の恋

百円の恋 [DVD]

百円の恋 [DVD]