yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『へレディタリー/継承』〜 この家族には何かある

(Hereditary 2018年 アメリカ PG-12)
ヘレディタリー 継承(字幕版)



母のエレンが亡くなったアニーは、夫のスティーブ、息子のピーター、娘のチャーリーと共に葬儀を執り行う。
だが、その日から彼らの周りで不思議な現象が起こり始める。


結論から言うと、わたし的にはそこまで怖い映画ではありませんでした。
やはり、幼少期に観た『エクソシスト』を超える恐怖にはまだ会えてないし、最近の作品で言えば『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の方が恐怖度もエンターテインメント性も上だと思う。あくまでも個人的な意見ですが。


話を『ヘレディタリー』に戻します。
そこまで怖くないと言いましたが、全く怖くないわけではありません。
ずっと不穏な空気が流れているというか、不気味な雰囲気が2時間続きます。
急に何かが出てきてビックリさせるようなシーンはあまりなく、息苦しい時間が続く感じ。
このテンションで2時間引っ張りながら、観てる側を疲れさせない、且つ飽きさせずに物語りに引き込む編集・画作りは凄い。
画が綺麗な分、余計に不気味さが増している。

ホラー映画は好きだけど、驚くのが嫌いな方は安心して(?)観て下さい。
びっくり箱みたいなホラーが好きな方は期待はずれかも。
実際、都内で「絶叫上映」が開催された際には、ほとんど叫ぶ人がいなかったとか。
みなさん、叫び声も上げられず、息を飲んで物語りを見守っていたのではないでしょうか?
目を背けたくなるようなシーンは何度もありますが。
あくまでも、わたし個人の感想なので、責任は取れません。


最後にひとこと。
非常に良くできた映画です。もう一度見直すと、色々なところにヒントが散りばめられいました。
オチについては好き嫌いが分かれるかと思いますが、二度観るとちょっと印象が変わると思いますよ。


ジョーン役のおばちゃん、何か胡散臭いと思ったら、『コンプライアンス』の店長さんでした。納得。
www.kashi-yan.com


ヘレディタリー 継承 [Blu-ray]

ヘレディタリー 継承 [Blu-ray]

ヘレディタリー 継承 [DVD]

ヘレディタリー 継承 [DVD]