yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『ゲット・アウト』〜 想像の斜め上を行く傑作

(Get Out 2017年 アメリカ)
ゲット・アウト(字幕版)


低予算映画ながら、公開1週目の全米週末興行成績ランキングで1位を獲得。
アカデミー賞脚本賞を受賞した話題作。

あらすじ

アフリカ系アメリカ人で写真家の青年クリスは、白人の恋人ローズの実家を訪れることに。
ローズが、恋人が黒人であることを両親に話していないことに不安を覚えるクリスだったが、ローズの両親には暖かく迎えられる。
しかし、クリスは使用人として働いている黒人のふたりに違和感を覚えるのだった。

感想

さあ困った。
わたしのブログの趣旨は、まだ作品を観ていない人が記事を読んで「観てみようかな」と思ってもらうこと。
これから観る人の楽しみを奪いたくないので、極力ネタバレはしたくないのですが、内容に触れずにどこまでこの作品の魅力を伝えられるか?

一言で言えば「面白い」ということ。面白いと言っても「笑える」ということではありません。
確かにアメリカでは「ホラーとコメディの見事な融合」と評価されたり、ゴールデングローブ賞ではミュージカル・コメディ部門にカテゴライズされて物議をかもしたりもしたようですが、そういう意味では、わたしは「クスリ」とも出来ませんでした。

では何がどう面白いのか。単純に話が面白いということである。
話の展開、引っ張り方、匂わせ方、観てる者に興味を持たせる方法に長けているという言い方が合ってるかどうか。
とにかく、物語にグイグイ引き込まれてしまうのです。
映画を観る前に勝手にストーリーを想像するようなことは、変な先入観を持つことになるのであまりしないのだが、今作の様に隠されると逆に想像してしまうというもの。
そのわたしの予想を裏切り、さらに斜め上を行く展開になっていったのも、わたしがこの映画を楽しめた要因でしょう。

内容には触れずダラダラと書いてしまいました。
物語については、皆さん自身の目で確かめてください。

ちょっとトラウマになりそうな、耳に残る音が出てきます。
鑑賞の際はご注意を。

こんな人にオススメ

『シックス・センス』や『ソウ』など真相を隠しながら物語が展開し、アッと驚くラストが用意されてる映画が好きな方。

こちらもオススメ

他にも、こんな作品はいかがでしょう?
↓↓↓↓↓
www.kashi-yan.com
www.kashi-yan.com



ゲット・アウト [Blu-ray]

ゲット・アウト [Blu-ray]