yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『スカイスクレイパー』〜 ダクトテープ万能説

(Skyscraper 2018年 アメリカ・中国)
スカイスクレイパー (字幕版)







ドウェイン・”ザ・ロック様”・ジョンソン『セントラル・インテリジェンス』ローソン・マーシャル・サーバー監督と再タッグ。

共演に『スクリーム』シリーズのネーヴ・キャンベルなど。





あらすじ


人質立て籠もり事件の現場に突入したFBIのウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)は、犯人の自爆により負傷。左足の膝下を失ってしまう。


10年後、FBIを退職したウィルは香港に建設された地上220階、高さ1000メートルを超える超高層ビル”ザ・パール”の警備主任に就任、事故の際に自分を救ってくれた女医のサラと結婚し二人の子供とザ・パールの98階に住むことになった。


そんな時、謎のテロリスト集団がザ・パールに侵入しビルの中層階に火を放つ。


ウィルも武装集団に襲われ、ビルのセキュリティ・システムを管理するタブレットを奪われてしまう。



感想


ビルの中でテロリストと戦う設定が『ダイハード』っぽくて、超高層ビルで火災が起きる設定が『タワーリング・インフェルノ』っぽい映画。


公開されてから世間に何だかんだと指摘される前に、それぞれの映画っぽいポスターを発表するという自虐ネタにまで走っておりましたが、実際観てみるとそれほど二番煎じ感はありませんでした。


まあ、主演がロック様って時点で、他の映画に似ようがないんですけどね。



序盤で、ビルのセキュリティを管理する大事なタブレットを、意外にあっさりとテロリストに奪われてしまうという、ロック様らしからぬ失態。


燃え盛るビルの中に取り残されている家族を助けに行きたいロック様は、入り口からビルに入れないならば「そんなの関係ねえ!」と言わんばかりに、たまたまザ・パールの隣に建っている超高層クレーン塔のテッペンからザ・パールに渡る作戦に出る。


クレーン塔のエレベーターは使わずにロック様は鉄骨を素手でガシガシ登る。


ワイルドだろぉ!?


ロック様のタブレットでザ・パールのセキュリティが操作されていることから、警察はロック様を重要参考人として追う。


当然、塔の上まで追って来る。もちろんエレベーターで。


塔の頂上から隣のザ・パールにクレーンを伝って渡ろうとしたその時、遂に警官隊がロック様の背後に迫り、ビルに渡していたクレーンも外れてしまう。


でも、そんなの関係ねぇ!


ロック様は、助走一番、隣のビルへ大ジャンプ!


ワイルドだろぉ!?



ブルース・ウィリスにも、スティーブ・マックイーンにも、とてもじゃないけど真似できない。

というか、絶対やらない。

なぜなら彼らは人間だから。


でも、ロック様は違う。ロック様はロック様なのだ!



すごい高いところを舞台にしたアクション映画なので、高所恐怖症でなくともゾワゾワしてしまっても不思議はないのだが、何故か全然平気で観ていられる。


高すぎて非現実的すぎるから?


CGだから?


いやいや、ロック様だから!


唯一ハラハラしたのは、ネーヴ・キャンベルが息子を抱えて一本橋渡るところかな?



そんなわけで、高いところが苦手な人でも安心して(?)観られる超高層ビル・アクション大作。



ちょっと残念だったのは、息子が喘息とかロック様の義足の設定、「ダクトテープで何でも治せる」発言などを生かしきれなかった感じがするところでしょうか?


せっかくローソン・マーシャル・サーバーが監督なんだから、『セントラル・インテリジェンス』ほどのコメディじゃなくても、もうちょっとクスリとかニヤリとできるシーンがあっても良かったんじゃないかと思います。



例えば、ビルのテッペンの球体には実は水が詰まっていて、その水で火災を消し止めるという『タワーリング・インフェルノ』オマージュを見せるとか。ダメ?



何はともあれ、ロック様が最高で最強!



スカイスクレイパー (字幕版)

スカイスクレイパー (字幕版)

  • 発売日: 2018/11/20
  • メディア: Prime Video