yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『いちごの唄』〜 だいじょばないけど大丈夫!

(2019年 日本)
いちごの唄





NHK朝ドラ『ひよっこ』の脚本を手掛けた岡田惠和が、同作にも出演したロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸と共著という形で発表した同名小説を、同じく『ひよっこ』にも出演していた古舘佑太郎、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』、『きみの鳥はうたえる』の石橋静河のW主演で映画化。




あらすじ


地方の実家を離れ、東京の冷凍食品会社の工場で働く笹沢コウタ(古舘佑太郎)が、中学生時代に親友だった伸二の命日である七夕の日に彼との思い出に想いを馳せていると、偶然中学時代の同級生、天野千日(石橋静河)と再会する。

実は彼女は、コウタと伸二が密かに”あーちゃん”と呼び、”天の川の女神”として崇拝するアイドル的な存在だった。

思いがけず楽しい時を過ごしたコウタと千日は、一年後の七夕に又会う約束をする。




感想


久しぶりに登場人物たちに「また会いたい」と思わせる、そんな愛おしい映画に出逢ってしまいました。

実際に、続けて2回目も観ちゃったし。

一体何がそんなに刺さってしまったのか、自分で自分の気持ちを整理してみようと思います。

魅力その1.『ひよっこ』ファミリー大集合


まず第一に出演者たちが、個人的にツボ。

自分史上No.1朝ドラ『ひよっこ』の脚本家、岡田惠和さんと、『ひよっこ』のビートルズおじさんこと峯田和伸さん共著による原作小説の映画化作品に、『ひよっこ』出演者たちが多数出演。

主人公笹沢コウタ役に、和菓子屋の息子ヤスハルを演じていた古舘佑太郎さん。

コウタの父に、中華屋のご主人役の光石研さん、コウタの母に、向島電機女子寮の舎監さん和久井映見さん。

コウタの弟シゲ役に、みね子の幼なじみ三男(みつお)を演じた泉澤祐希くん。

コウタの親友伸二が育った「いちご園」の園長役に、「すずふり亭」のお母さん宮本信子さん。

コウタと千日(ちか)を見守るラーメン屋のご主人役で峯田さんも出演してます。


*お詫び 『ひよっこ』を観てない人には、さっぱり分からない説明ですいません。


そしてもう一人の主人公千日を演じる石橋静河さんは、『ひよっこ』には出てませんが、朝ドラ『半分、青い』で佐藤健さん演じる律の奥さん役で注目されました。

他にも『あさが来た』で女優デビューとともに注目され、『なつぞら』にも出演した清原果耶さんが中学生時代の千日を演じ、『まんぷく』で注目された岸井ゆきのさんがコウタのアパートの隣の部屋に住むパンク姉さんを演じるなど、実は朝ドラ・ファミリー総出演の映画でもあるのです。


そして全員が良い味出してます

中学生のまま成人してしまった様なコウタ。

このキャラクターが受け入れられるかどうかで、この映画の評価が別れるかと思いますが、わたし的には、映画が始まり電子レンジでクリームコロッケ(?)を温め、猫と一緒に朝食を済ませ、ボロアパートの玄関を塞ぐ様に酔って寝ているお隣のパンク姉ちゃんアケミさんを部屋に寝かせてあげ、出勤途中の歩道橋で一言「おはよう環七。夏が来るねえ。」

ここまでの3分間で、「この映画好きなヤツだ」と確信してしまいました。

この純粋にも程がある、頼りない主人公コウタの家族がまた良い。

光石さんと和久井さんが演じる両親は優しそうだし、泉澤くんが演じる弟シゲはお兄さんより頼りになりそう。

宮本信子さんの安定感のある演技は言うに及ばず、年に一度の逢瀬の場となるラーメン屋のご主人を演じる峯田さんが良い。

これまた、コウタが更にそのまま大人になった様なキャラで、コウタと千日が「こんなラーメンより、コウタの会社の冷凍ラーメンの方が美味い」なんて話を聞いてしまっても、怒るどころかイジケてしまうという頼りなさ。

セリフは少ないが、コウタと千日を繋ぐ重要な役どころ。


でも、この作品の1番のヒットは天野千日を演じる石橋静河さんです。


魅力その2. 石橋静河さんの多彩な表情


今までの作品では、石橋さんは「クール・ビューティ」のイメージだったが、今作では笑ったり泣いたり様々な表情を見せてくれる。

特に笑顔が印象的

中でも、夜の街を歩きながらコウタの話に爆笑するシーンがイイ。

辛い過去の記憶から逃れられない、憂いを帯びた表情と笑顔のギャップ

まさに、石橋静河さん史上1番のハマり役だったのではないでしょうか。


クール・ビューティというのは我々が勝手に持ってしまったイメージで、実際の石橋さんは相当なゲラらしい。

やっぱり女の子は笑ってた方がカワイイです。


これからも、色々な作品で色々な石橋静河さんを見たいものですが、とりあえず本作のラストで見せる石橋さんの最高の笑顔を見るために、また最初から見直してしまうわたしなのでした。


ところで、あーちゃんはコウタと伸二にとって「天の川の女神」ですが、石橋静河さんのお父さんの石橋凌さんは、わたしにとって「ロックの神様」と言って良い存在です。

いずれ親子共演も見てみたいものです。


魅力その3. 見落としそうなところも丁寧に


台詞として説明されないので油断していると見落としそうになるが、ちゃんと設定として作り込まれてるところが存在する。

例えば、コウタが毎年伸二の命日の日に来ている黄色いTシャツ

最初に観た時は、いっつもこのTシャツ着てるなぁって思ってたけど、実は中学時代の伸二が着てました。

恥ずかしながら、わたし2回目でやっと気付くという失態。

ちゃんと創っている人たちに申し訳ない気持ちです。

しかも、普段はカレンダーの横にクリーニングのビニールを被ったまま掛けられているので、いつも着てるんじゃなくて、むしろ伸二の命日にだけ着てるんだと思われます。


カレンダーと言えばもうひとつ、毎年7月7日に赤丸付けて、一日一日バツ印で消してあーちゃんに会える日を楽しみにしていた笹沢コウタくん。

ポストクレジットシーンでチラッと映る2019年10月のカレンダーには、前半だけで4つも赤丸が!

電子レンジを覗き込み笑うコウタの口には新しい前歯が入ってます。

因みに、抜けた前歯の話は是非コウタ本人から聞いてください。


おまけ


そう言えば、『百円の恋』の時にもちょっとだけ出てた吉村界人くんが、今回もちょっとだけ出てました。

界人くんも『半分、青い』に出てたので朝ドラ・ファミリーの一員ですね。

本文で触れ忘れたので、特別に「おまけコーナー」扱いで。

界人くん、個人的には大注目なんですけどね。






いちごの唄

いちごの唄

  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: Prime Video
いちごの唄[Blu-ray]

いちごの唄[Blu-ray]

  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: Blu-ray
いちごの唄

いちごの唄

  • 作者:岡田惠和
  • 発売日: 2018/05/21
  • メディア: 単行本