yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『search/サーチ』〜 まさにSNS時代のサスペンス映画

(Searching 2018年 アメリカ)
Search/サーチ  (字幕版)



主人公デビット・キムは、妻パメラを癌で亡くしてから娘のマーゴットとの関係がぎごちない。
ある日、家に帰らず連絡も取れなくなってしまったマーゴットの行方を捜すため、デビットは彼女のPCにログイン、SNSのなかに手掛かりを探すが、そこには父の知らない娘の姿があった。


全編パソコンの画面上でのみ物語が展開する構成も驚くが、SNSを駆使して娘の行方を捜すという設定がまさに現代的。
インスタグラム、フェイスブック、ツイッター、彼女の投稿の中に手掛かりを求め、一人も知らなかった彼女の友達をSNS上の友達の中に捜すシーンでは父親の焦りが伝わって来る。


限られた画面構成なので動きも制限されそうだが、YouTubeなどの動画サイト、テレビ電話、監視カメラの映像、ニュース動画などを駆使してスリリングな演出が続く。
逆に、閉鎖空間の息苦しさの様なもの感じるという、画面が制限されているが故の効果も。

事件か事故か、マーゴットの行方は?安否は?
ストーリーは二転三転し、最後まで気が抜けません。


監督のアニーシュ・チャガンティは、本作が長編デビュー作。
キャスト・スタッフに本作のコンセプトを説明する際、言葉では上手く伝わらず、実際に自分が演じて撮影したもの皆に見せて納得させたそう。
果たして、次回作ではどの様な手法で私たちを驚かせてくれるのか!?

Search/サーチ  (字幕版)

Search/サーチ (字幕版)