yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』〜 心から湧き出す曲を歌え!

(Walk the Line 2005年 アメリカ)
ウォーク・ザ・ライン/君につづく道  (字幕版)

あらすじ

ロック、ブルース、カントリー、多岐なジャンルに渡る実在のシンガーソングライター、ジョニー・キャッシュと、彼の運命の女性ジューン・カーターの物語。

仲の良かった兄を事故で亡くし、父とのわだかまりも解消できないまま、ジョニーは空軍に入隊。除隊後ヴィヴィアンと結婚しセールスの仕事に就くが、満たされない日々を過ごす。ある日、ジョニーはレコード会社を訪れ、オーディションの約束を取り付ける。

感想

幼い頃に亡くした兄への罪の意識、父親との確執、妻子がありながらもツアー中に出会ってしまった昔からの憧れのタレント、ジューン・カーターとの道ならざる恋、薬物中毒に挫折と再起、といったまさに映画のような人生。

ジョニー・キャッシュを演じるのは、ホアキン・フェニックス。
賞レース的には、有名なところではゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞したが、アカデミー賞などはノミネートされるにとどまり、各賞を総なめにした感じのジューンを演じたリース・ウィザースプーンには水をあけられる形にはなってしまったが、それでもホアキンの演技が素晴らしいものであることに間違いない。

なんといっても演技とは思えない、あの表情。ステージで歌っている時はめちゃめちゃカッコイイのに、薬が決まっちゃってる時は、薬をやるシーンはないのに、もうそれとわかる表情で、本当に中毒かと疑ってしまう。ホアキンだけにないとは言えないが。

もうすっかり「リバー・フェニックスの弟」という七光り的イメージはなくなりましたね。もしかして、若い世代にはリバー・フェニックスの方が馴染みがないのでしょうか?なぞ。

吹き替えなしで歌ったという、ホアキンとリースの歌声も素晴らしい。エンディングで流れる、本物のジョニーとジューンの歌声と比べても遜色ないほど。


タイトルにした言葉は、ジョニーがレコード会社のオーディションを受けた時に、担当の人に言われたアドバイス。

トラックにはねられ、死ぬ前に1曲だけ歌う時間がある。聞いた人間が絶対忘れない1曲。それを聞けば君という人間がすべてわかる歌を歌え。
君の心から湧き出す曲、人はそういう曲に耳を貸す。そういう曲が本当に人を救うんだ。

ジョニーの人生を変えたとも言える人物だっただけに、その後も彼に関わっていくのかと思ったら、意外にそれっきりでビックリしました。

こんな人にオススメ

『ボヘミアン・ラプソディ』や『ジャージー・ボーイズ』など、ミュージシャンの伝記ものが好きな方だったら、楽しめること請け合い。
再起したジョニーが、刑務所慰問ライブで歌う『コカイン・ブルース』は激アツ!ですよ。
単純に50’sミュージックが好きな人にもオススメ。ロイ・オービソンやジェリー・リー・ルイス、エルヴィス・プレスリーを出てきますよ。

ウォーク・ザ・ライン / 君につづく道 [DVD]

ウォーク・ザ・ライン / 君につづく道 [DVD]