yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『ダンス ウィズ ミー』〜 最高にハッピーな映画 

(2019年 日本)
ダンスウィズミー



『ダンス ウィズ ミー』が公開されたので、早速観てきました。
感じたことを色々書かせていただきます。

あらすじ

有名企業で働くOL、鈴木静香は子供の頃の失敗が原因でミュージカル嫌いに。
ある日、姉から預かった姪を遊園地に連れて行くと、そこに催眠術の館が。
姪は、学芸会で発表するミュージカルが上手くなる催眠術をかけてもらうが、かかったの静香の方だった。

スタッフ

監督・脚本 矢口史靖 
代表作に『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』『WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜』『サバイバルファミリー』など

矢口監督の過去作の私の感想はこちら↓↓↓

www.kashi-yan.com
www.kashi-yan.com


キャスト

鈴木静香(三吉彩花
子供の頃のトラウマでミュージカルが嫌い。催眠術にかかって、曲を聴くと歌って踊らずにはいられない体に。

斎藤千絵(やしろ優
静香たちが訪れた催眠術の館にいた先客、実はマーチン上田のサクラ。

山本洋子(chay
静香と千絵が、新潟で出会うストリート・ミュージシャン。

渡辺義雄(ムロツヨシ
静香と千絵が、マーチン上田の捜索を依頼する興信所の調査員。

村上涼介(三浦貴大
静香が憧れている、会社の先輩。

マーチン上田(宝田明
かつて一斉を風靡した催眠術師。謝って、静香に催眠をかけてしまう。

良かったところ

序盤、静香が催眠術にかかるまでがスローテンポに感じたが、静香がミュージカル体質になってからはテンポが上がって、ハッピーが加速していく感じが最高に気持ち良かった。
中盤から、マーチン上田を探す「女の子たちのロード・ムービー」になっていくところも好き。
「Tonight(星の降る夜に)」「狙いうち」「夢の中へ」「年下の男の子」「ウェディング・ベル」「タイムマシンにおねがい」といった、刺さる世代には刺さる楽曲が使用されていて、chayが◯◯のパーティーで、わたしの期待通りに◯◯◯◯◯を歌い出した時には鳥肌がたちました。
三吉さんのダンスも見応えありました。やっぱり手足が長いと映えますね。スカートでくるくる回るところが特に綺麗です。

いまいちポイント

前述の楽曲が刺さらない人は、もしかしたら盛り上がれないかも?
わたしは、映画において細かいことは気にしないので平気なんですが、ご都合主義的展開が気になる人は気になるかもしれないところが幾つか・・・。

こんな人にオススメ

本作は、そこまでガッツリとしたミュージカル映画ではなく、「ミュージカル体質」になってしまった女の子のコメディ映画なので、ミュージカルが好きな人よりむしろミュージカルを毛嫌いしている人に観ていただきたい。

総括

総合して大満足の映画でした。わたし的矢口監督作ランキングで『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』と争うぐらいの位置にいます。



ダンスウィズミー

ダンスウィズミー

  • アーティスト: オリジナル・サウンドトラック音楽:Gentle Forest Jaz Band/野村卓史
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/08/14
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る