yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『シュガー・ラッシュ:オンライン』〜 ヴァネロペも立派なディズニー・プリンセス

(Ralph Breaks the Internet 2018年 アメリカ)
シュガー・ラッシュ:オンライン (字幕版)



パックマン、ソニック・ザ・ヘッジホッグ、クッパ、ザンギエフ、ベガなど日本でもおなじみのゲーム・キャラクターが多数登場し、大ヒットを記録した2012年公開の『シュガー・ラッシュ』の続編。
監督は前作に引き続きリッチ・ムーア。

あらすじ

ゲームの世界で毎日を楽しく過ごす、ゲームの悪役キャラのラルフと、レースゲームの天才ドライバー・ヴァネロペ。

同じコースにばかりで飽きてしまったヴァネロペの為に、ラルフは新しいコースを作るが、これが元でゲーム機のハンドルが壊れてしまいゲーム機は廃棄処分の危機に。

ふたりは、オークションサイトに出品されている交換部品を手に入れる為、インターネットの世界へ。


感想

インターネットの世界の扱いがどうだとか、難しいことは全然わからないので単純に楽しんでしまいました。


前作では途中出場だったヴァネロペも、今回は最初から文字通り「アクセル全開」で大暴れ。

ラルフとふたり、合わせ技一本で招いてしまった人生最大のピンチを乗り切る為、インターネットの世界へ飛び込みます。



前回もゲーム・キャラが多数登場して楽しませてくれましたが、今回はインターネットの世界が舞台なのでさらに多くのキャラクターが登場します。

ディズニー映画のキャラクター達はもちろんのこと、C−3POやストーム・トルーパーなどの『スター・ウォーズ』のキャラクターからアイアンマンまで・・・。

あっ!?『スター・ウォーズ』もマーヴェルも、今はディズニーのキャラクターでした。


「ディズニー・プリンセス総登場」は大々的に宣伝していたので知ってましたが、彼女達が私服というかカジュアルな服装になった時には、ちょっと笑っちゃいました。

しかも、衣装が違うとおじさんには誰が誰かわからないという・・・。



その他に、オリジナルの新キャラクターも登場します。

その中でも、わたしのお気に入りは、そうです、「ワンダーウーマン」ことガル・ガドットが声を担当したロード・クイーンことシャンク様です。

「スローター・レース」というオンラインゲームのキャラクター何ですが、『ワイルド・スピード』シリーズでガドットが演じているジゼルのセルフ・パロディみたいなキャラクターで、スゴいドライビング・テクニックでヴァネロペの前に立ち塞がります。

めっちゃカッコいい!



何も考えずに観ていても楽しいですが、ネット社会について色々考えさせられることもあります。

手軽すぎるネット・オークションとか、コメント欄への誹謗中傷とか、ポップアップ広告の罠とか、分かりやすく視覚化することに成功していたと思います。

お子様に、インターネットの怖さを教えるのには丁度良いと思います。

あと、友達の大切さもね。



もちろん、そんなことは気にせずにただ楽しんでも良いんですが、楽しみながら考えたり学んだり出来るのも映画の良いところ。



でも、おじさんとしては冒頭に出てくる『トロン』(しかも、『レガシー』じゃなくてオリジナルの方)のバイク・レースのシーンや、エンド・クレジットの後の、ラルフがリック・アストリーの『Never Gonna Give You Up』のMVを再現するシーンで、思わずニヤっとしてしまいます。



こんな人にオススメ

大人も子供も、家族みんなで楽しめる映画をお探しの方、ぜひ本作をお試しください。

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

シュガー・ラッシュ:オンライン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


こちらもオススメ

主人公の女の子は、最後に本当に大切なものに気付きます。
↓↓↓↓↓
www.kashi-yan.com