yakkunの趣夫生活

その日の気分で映画を決めよう!今日の気分はワクワク?ハラハラ?それとも・・・。

『マスカレード・ホテル』〜 本筋の要素を抜いても群像劇として面白い

(2019年 日本)
マスカレード・ホテル DVD 通常版


原作は東野圭吾の同名小説で、「マスカレード」シリーズの第1作。

出演はは木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、石川恋、泉澤祐希、前田敦子、笹野高史、髙嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、勝地涼、松たか子、鶴見辰吾、石橋凌、渡部篤郎など、オールスターキャスト。

監督は『プリンセス トヨトミ』、『本能寺ホテル』の鈴木雅之。


あらすじ

東京都内で3件の殺人事件が発生する。それぞれの現場には数字の羅列の様な暗号が残されており、解読すると次の殺人現場を示しているらしいことがわかり、第4の殺人はホテル・コルテシア東京で起こることを予告していることが予想された。

警視庁はホテルで潜入捜査をすることを決断し、刑事たちがホテルマンに扮し捜査に当たることに。
捜査一課の刑事・新田(木村拓哉)はフロントスタッフに扮することになり、彼の教育係として山岸(長澤まさみ)が任命された。


感想

非常に面白い、まさに映画らしい映画でした。

「TVドラマっぽい」という批判も聞こえてきますが、TVではこの豪華キャスト陣を集めるのは、ほぼ不可能。

本作は、ホテルに集う人々の中から殺人犯とそのターゲットにされる人物を探し出すお話。

誰が犯人で誰が狙われているのか、個性溢れるキャラクターを多数登場させ観客の目を欺く為には、豪華な出演陣は必要不可欠。

よって、本作はTVでは実現出来ない、お祭り感に溢れた「ザ・映画」であると言えます。


確かに、演出とかカメラワークがTVっぽい所がある事は否めませんが、鈴木監督はTV出身の方なのでそこは大目に見ましょう。


客室に置いてある、ホテルのマークが入ったペーパーウェイトを何度も写して、最初はその向きなど気にしない新田刑事がさりげなく向きを直す様になり、次第にホテルマンらしさを身につけていることを表現する演出とか好きですけどね。

そのペーパーウェイトが、更に最後にもうひと伏線張っていて、やられたって思いました。


伏線といえば、ホテルで巻き起こる色々なトラブルが事件解決のヒントになって行くんですけど、そのトラブルのひとつひとつを豪華な出演陣を使ってしっかり作り込んでるので、本筋の犯人探しよりも、トラブル解決に奔走する長澤まさみさんと、キムタクとの凸凹コンビっぷりが楽しくて、そっちをもっと見ていたいと思ってしまいました。

原作はシリーズ化されているようなので、映画も第2弾があるのでしょうか?


鑑賞前は、「キムタクは何をやってもキムタク」ってのが頭にあって、「ミスキャストだ」「他の俳優さんの方が良かった」と書いてやろうと思ってましたが、意外に役に合ってました。

生瀬さんの嫌がらせに耐えるトコとか最高です。

但し、刑事には見えない。ホテルマンの方が合ってる。

まあ、同キャストで続編があっても観ますけどネ。


ただ、ラストに二人の恋愛要素を匂わせるシーンは蛇足だったかなぁ?

続編への期待を煽りたかったのかもしれないけど、それは又次回で良かった気が。


こんな人にオススメ

東野圭吾さんのファンの方、特にドラマ『ガリレオ』にハマった方は好きな映画だと思います。

あと、わたしのように「キムタクは何をやってもキムタク」だからと避けてる方は、騙されたと思って観てみては?

マスカレード・ホテル DVD 通常版

マスカレード・ホテル DVD 通常版



こちらもオススメ

ホテルを舞台にした群像劇の元祖です。
↓↓↓↓↓
www.kashi-yan.com